毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《WEE GEE“You've Been A Part Of Me”》
元、ドラマティクスで“In The Rain”の名唱でお馴染みの彼はソロになり成功はしてはいない。だが、その歌声は私の琴線に触れてくる。このバラードを聴いてくれ!沁みてくるだろう。彼のヴォーカルはこれだけでいいと感じたりするのは私だけか?


《BALLADS“Butterfly”》
これは日本でしか出されてないアルバムに未発表と新作を加え編集したもの。彼らのコーラス・ワークに聴き応えはある。ファンク色を取り入れたこのリズム・ナンバーは、リオン・ウェアの作品。前半から後半へのヴォーカル・スタイルの流れがなかなかいい。


《JERLINE & FRIENDS“Joy Trip(Part1)”》
女性ヴォーカルを中心としたシカゴのグループ。当時、お蔵入りしていた奇跡の未発表アルバムで、内容もいい出来だ。彼女のウィスパー・ヴォイスや張りのある中音域のコントラストが見事にマッチしている。まずは、このミディアム・チューンでやられてくれ。