毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《FREDDIE JACKSON“Don't Let Love Slip Away”》
80年代に頂点を極めたシンガー。バック・ボーカルで実力をつけたスケールの大きい歌声でしなやかに歌うスタイルが魅力だ。この曲はスムースで軽いテンポに仕上がっており、何とも穏やかな気分にさせられる。休日の午後にでも聴きたくなりそうな素敵なナンバー。サックスのソロは人気のナジーです。


《WOODS EMPIRE“Destiny”》
ひとりの男性シンガーを4人の女性が取り巻く珍しいグループ。彼等唯一のアルバムで、前半がダンス・ナンバー、後半がミディアム〜スローとなっている。これといった特徴があるわけではないが完成度は高レベル。特に後半が素晴らしくその中の一曲。心地よく爽やかなミディアムでアーバン・テイストを演出してくれている。


《ACTIVE FORCE“May Sunshine”》
女性1人を含む5人組で、超強力なヴォーカルが売りのファンク・バンド。このアルバム大半のエレクトロ・ファンクに先ずは圧倒される。その中での、このバラードはとても美しいメロディーをもっていて、男女の掛け合いがまた切なくもさせてくれる。ブラコンにも通じるセンスを備え懐の深さをみせたりと、まったく凄い内容のアルバムに仕上がった。