毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《KENNY DOSS“Just A Feelin'”》
フリー・ソウル・ブームにより注目を集めたナンバーです。プロデュースは、あのウィリー・ミッチェル。アル・グリーン、O・V・ライト、アン・ピープル等のプロデュースでお馴染みだが、これはかなり甘めな作りになっている。今だから再評価されてもいいアーティストなのでは?こういったメローな曲は、どんどんCD化して皆に聴いて貰うべきですね。


《ENCHANTMENT“Don't Fight The Feeling”》
このヴォーカル・グループは前期と後期とで好みのスタイルが分かれる。もちろん、時代のサウンドに変えてると言えば聞こえはいいが、必ずしも皆が成功してるとは限らない。しかし、彼等は益々勢いを増し、ファンク〜スロー・バラードまで素晴らしい歌を聴かせてくれる。このナンバーは、この上なく心地よい流れでナイスなミディアム・スローに決めている。


《HI-TENSION“Peace On Earth”》
結成当時は、まさにディスコ・ブーム真っ只中。彼等が好きなアーティストもWAR、EW&F、コモドアーズと定番ではあるが、その他にハービー・ハンコック、ドナルド・バードが好きとくると一味違ってくる。UKチャートでも実績を作ってきた彼等でもある。アルバムのラストを飾るこの曲は、ラテンのリズムに哀愁を帯びたメロディ。それに絡む軽やかなファルセット・ヴォイスがタマラナーイ!