毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《DEE DEE SHARP“I'm Not In Love”》
フィリーのプロデューサー、ケニー・ギャンブルの奥方のソロ・アルバム。ダンサブルな曲からバラードまでしっかりと聴かせるヴォーカルに絡むフィリー・サウンドもステキだ。このバラードは白人バンド『10cc』の大ヒット曲だが、これを最高のソウル・カバーに仕上げた傑作。一度は聴くべし!


《JONES GIRLS“This Feeling's Killing Me”》
このアルバムでデビューした三姉妹。大人の明るさを押し出した魅力的な作品群だ。その中からのこのミディアム・ナンバーは、心地良いリズムに乗って楽しそうに歌う彼女たちの姿が目に浮かんでくるようだ。心がはずむような気持ちになるのはなぜ。実力も申し分なく、コーラス隊としても活躍している。


《M.F.S.B“Sunnin' And Funnin'”》
マザー、ファザー、シスター、ブラザーの名をもつフィリーのスタジオ・ミュージシャン集団で殆んどのアーティストのバックを受け持つ。このアルバムの頃には、主要メンバーがサルソウル・レーベルへ移った後だが、残ったメンバーもレベルは高い。ジャジーかつメロウでスムースなこの曲が気持ちがいい。