毎月いろんなアーティストのおすすめの1曲を
私の好みでピックアップしてご紹介していきます。

《CARTIS MAYFIELD   “Tripping Out”》
好きな曲はわかれると思いますが、まずはこのグルーブに身を任せて下さい。なんて気持ちがいいんでしょう。このリズムはいろんな人々がパクっています。あの山下達郎もこの雰囲気を上手く使っていたのは有名ですよね。ジャケもまたいい。マービンの“I Want You”と同じ人が描いています。一度見たら忘れないですね。結構好きな方、多いんですよ。


《ISLEY BROTHERS   “Don't Let Me Be Lonely Tonight”》
白人アーティスト、ジェームステーラーの曲ですが、アイズレーのこのカバーは自分達の曲のようにディープに歌いきり、最高の仕上がりです。ファンクは黒く光り、バラードはスイートに聴かせるファクバンドの鏡といえます。時代と共にメロウ路線を推し進め、幅広いファンも獲得して頑張っている姿は圧巻!


《DELFONICS   “La-La Means I Love You”》
これは流しただけで口ずさみたくなる、心洗われる一曲です。至福の時を感じさせ、っみんなに好かれ続けています。店でこの曲をかけた時に、酔った勢いでお客さまが口ずさんだ時、(偶然にも)他のお客さまも一緒になってサビの部分を大合唱した事もあったなあ。能書きはいりません。さあ一緒に「lala lala lala lalala〜 means I Love You〜 」